DESIGNデザイン

グランフォーレ春日宝町TOP

>

デザイン

FACADE DESIGN

落ち着いた印象、端正でモダンな風姿。

敷地形状を活かして設計されたその佇まいは、見るアングルによって、表情を変えていきます。アシンメトリーでありながら、バランスのとれたフォルム。全28邸でありながら、多彩な7つのプラン。最上階には2つのルーフバルコニーをもつプレミアム住戸を設定しました。

DESIGN CONCEPT

設計コンセプト

春日市宝町エリアは、福岡市のベッドタウンとして定着している春日市にあって、位置的にも福岡市に近い街。春日市の都市機能が集積する場所でありながら閑静な住宅地であることも魅力です。「グランフォーレ春日宝町」は、この希少な立地にふさわしいフォルム、モダンな上質感を漂わせる意匠をめざしました。白いボーダーが安定感をもたらし、ブラウン系の落ち着いた印象で確かな存在感を発信します。

ENTRANCE APPROACH

穏やかで包容力に満ちた佇まい。

閑静な通りに溶け込む穏やかな風情を湛えるエントランスは、床・壁・天井の素材やカラーコーディネートにこだわりました。重厚感をもたらす石積みと心を和ませる植栽の緑。そこにあるのは、しあわせを包み込む穏やかな表情。出かけるたび、帰ってくるたびに、ライフクオリティをご実感いただけます。
ENTRANCE HALL

漂うのは、モダンでスタイリッシュな品格。

見通しの良いエントランスホールに足を踏み入れると、広がるのはモダンでスタイリッシュな空間。変化をもたらす3本の柱の向こうに、優雅な時間が流れるラウンジが現われます。ゲストやご家族との談笑もお洒落な雰囲気のなかで。エレベータホールに向かう階段は、快適な住空間への期待感を高めるステップです。

※掲載の完成予想図は設計図を基に作成したCGで、形状・色等は実際のものと異なります。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現しておりません。また、敷地周囲の電柱・標識・ガードレール等についても再現しておりません。表現されている植栽は竣工から初期の育成期間を経た状態のものを想定して描いております。竣工時は植物の育成を見込んで必要な間隔をとって植えております。